色で選ぶ

お花と言っても様々な物がありますので、あまり深く考えず、インスピレーションで選ぶのも良いでしょう。例えば色で選ぶのも方法の一つです。綺麗な花には言葉さえいらないということで、気に入った花を贈る。やはり花というのはそうそう受け取るものではないだけに、もらって困るようなものではありません。

そのため、喜んでもらえる確率は高いのですが、こちらも気を付けるのは相手がどれだけ花に詳しいのかという点です。もしもですが、とても花に詳しい人におかしな花言葉の物や季節感が異なる花を贈ると、ともすると失礼だと思われてしまいかねません。花のことをあまり知らない相手であれば、綺麗な色で選んだとでもいえば喜んでもらえるでしょう。

ですが花に詳しい人の場合、状況に似つかわしくない花言葉を色だけで選んでしまったら失礼になってしまいますので、相手がどれだけ花に詳しいのかは調べておくべきです。いくら花で非日常感を演出したいと思っても、花に詳しい人にあまりにも状況にそぐわない花言葉の花を贈るのはあまり良いものではありません。そのようなことにならないためにも、最低限相手がどれだけ花に対して知識を持っているのかも調べておいた方が良いでしょう。

花言葉から選ぶ

花にはいわゆる花言葉があります。どの花にもそれぞれ花言葉がありますので、花言葉でフラワー電報の花を選ぶのも良いでしょう。やはり無難なものは感謝の意味を持っている花です。少々奇をてらって受け狙いをするよりも、素直に感謝の気持ちを表している花言葉を選ぶのも良いでしょう。こちらも先の話に共通していますが、仮に花のデザインだけを見てあまり気に入られなかったとしても、花言葉を知れば気持ちがまったく変わってくる可能性さえ珍しくありません。

花言葉を知れば相手がどのような気持ちなのかも分かりますし、花言葉と共に電報で実際に言葉も聞けますので、より相手に気持ちを伝えられます。非日常感の演出にこれ以上ないものです。注意すべき点としては、花言葉が複数用意されている物がある点です。そのため、自分自身は良かれと思って贈ったものの、相手は逆の解釈をしてしまってかえって不快な気持ちにさせてしまう可能性がある点です。

そのようなことにならないよう、フラワー電報として贈る花にはどのような花言葉があるのかだけではなく、複数の花言葉ではないのかくらいも調べておいた方が良いのは言うまでもありません。こちらはとても大切な部分です。

季節の花を選ぶ

フラワー電報では花を選べますので、何を贈るのかを考える楽しさもあります。花にもいろいろな意味がありますが、季節の花を選ぶのは無難です。敬老の日は9月になりますので、9月の季節の花を選ぶのも良いですし、相手の誕生月など、相手にちなんだ季節の花を選ぶのも良いでしょう。季節の花を選ぶメリットは、たとえ相手の好みではない花であっても季節の花だからという言い訳が成立する点にあります。

仮にですが、適当に選んだお花で相手が気に入らなかった場合、自分で選んだ以上、責任は自分にあります。せっかく選んだのにと思っても相手が気に入らなければ意味がありません。ましてや適当となると相手にどのように説明すれば納得してもらえるのかも見つかりません。ですが季節の花で選べば、たとえ相手が気に入らないと思ったとしても季節の花だからと説明出来ます。祖父母の誕生月の季節の花を選んだ場合、さすがに嫌がられるようなことは有り得ないはずです。

鮮やかな季節の花を贈られて嫌な気持ちになるような人はそうそういませんので、季節の花はある意味無難です。フラワー電報を贈ろうとは決めたものの、花の種類を何にすべきかなかなか決まらないと悩んでいる人は、季節の花が無難です。

フラワー電報でお花をプレゼント

敬老の日に何を贈るのかは案外悩まされるものです。失礼になるようなものを贈るのは論外ですが、せっかくの敬老の日だからこそ、やはりいつもとは違ったものをとの気持ちもあるのではないでしょうか。一方では物といっても様々ですので、選ぶのに悩んでいる人が多いのも分からない話ではありませんが、近年人気を集めているのがフラワー電報です。フラワー電報の良いところは、お花と電報を同時に届けられる点にあります。

お花にせよ電報にせよ、日常生活の中で受け取る機会はそうそうないものです。それぞれ単体であっても贈ってもらえれば嬉しいものですが、それらが両方同時に得られるとなれば非日常感の演出に於いて、これ以上の物はないでしょう。そのため、とても高い人気を集めているのです。お花と気持ちを伝えた言葉を両方贈ることで、日ごろの感謝や特別感の演出が可能ですし、何より外れがありません。

せっかく喜んでもらおうと思っていろいろと考えたものの、あまり気にいってもらえず、結局相手としても使わずにたんすの肥やしになってしまったり、クローゼットに入れっぱなしになってそのままになってしまうケースは決して珍しくないと言われていますが、フラワー電報であれば花と言葉です。使わないので放置するような物ではないだけに、贈って無駄になるものではありません。贈られた側としても実用性云々ではなく、お祝いのアイテムとしての物になりますので、無駄にはなりません。