季節の花を選ぶ

フラワー電報では花を選べますので、何を贈るのかを考える楽しさもあります。花にもいろいろな意味がありますが、季節の花を選ぶのは無難です。敬老の日は9月になりますので、9月の季節の花を選ぶのも良いですし、相手の誕生月など、相手にちなんだ季節の花を選ぶのも良いでしょう。季節の花を選ぶメリットは、たとえ相手の好みではない花であっても季節の花だからという言い訳が成立する点にあります。

仮にですが、適当に選んだお花で相手が気に入らなかった場合、自分で選んだ以上、責任は自分にあります。せっかく選んだのにと思っても相手が気に入らなければ意味がありません。ましてや適当となると相手にどのように説明すれば納得してもらえるのかも見つかりません。ですが季節の花で選べば、たとえ相手が気に入らないと思ったとしても季節の花だからと説明出来ます。祖父母の誕生月の季節の花を選んだ場合、さすがに嫌がられるようなことは有り得ないはずです。

鮮やかな季節の花を贈られて嫌な気持ちになるような人はそうそういませんので、季節の花はある意味無難です。フラワー電報を贈ろうとは決めたものの、花の種類を何にすべきかなかなか決まらないと悩んでいる人は、季節の花が無難です。